青汁初心者でも健康になれる?青汁を効果的に摂取しよう!

青汁とは?

青汁とは、ケール、大麦若葉など緑黄色野菜の葉を原材料にした「青菜の絞り汁」。 ミキサーやジューサーで手作りすることもできますが、市販のものの多くは粉末状になっており、水に溶かして飲むスタイルが一般的です。

生の青菜をそのまま絞った汁であるため、青臭い、苦いなど昔はまずいものの代名詞のように扱われていました。

今では飲みやすいものが増え、フルーツが加えられたフルーツ青汁や、100種類以上もの野菜を配合した青汁、酵素入りの酵素青汁、乳酸菌入りの青汁など、多種多様な青汁が販売されています。

ちなみに青汁は英語では”green juice”。 グリーンスムージーとは似て非なるものとして、海外でも日本産のものが市販されているそうです。

青汁を飲むきっかけで多いのが「野菜不足を補うため」。 でも、粉の状態になっているのを見ると「本当に野菜に含まれている栄養を摂れるの?」と疑問も感じますよね。

試しに生ケール100gと青汁10gを比較したところ、含まれている量に差はあるものの、ほぼ生ケールと同種類の栄養素が含まれていることがわかりました。

含有量については、やはり生ケールの方が豊富に含まれている成分が多いですが、中には青汁の方が含有量が多いものも。 生野菜には及ばないものの、ある程度は野菜不足が補えるといえるでしょう。

青汁の効果は?

「健康に色々いいらしい」というイメージはあるものの、具体的に何がいいの?と聞かれるとよくわからないという方も多いのが青汁。

青汁には、塩分の排出に役立つカリウムや食物繊維、血圧を下げる効果のあるマグネシウムなど、高血圧に効くとされる成分がたくさん含まれています。

また、ケールの青汁は、摂取することでヒトの血圧を降下させるという実験結果が出ています。

抗酸化・抗老化・生活習慣病効果

青汁には、抗酸化作用の高いビタミン類やポリフェノールが含まれています。
特にケール青汁、よもぎ青汁、大麦若葉青汁では実験で抗酸化効果・抗老化効果が認められており、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果が期待されています。

血糖値の上昇抑制効果

青汁の原料である緑黄色野菜には豊富な食物繊維などにより血糖値の上昇を抑制する効果があることが知られていますが、 抽出物である青汁にも血糖値を降下させる作用があることが分かっています。

特にケールやよもぎ、大麦若葉の青汁では動物実験で血糖値上昇抑制、または糖尿病に対して有効であるという結果が出ています。

青汁はアレルギーを抑制する働きがあるといわれています。 その理由は免疫調節作用。免疫細胞の一種である「T細胞」に働きかけ、アレルギー反応を起こすIgE抗体の生成を抑えるそうです。

特にケール青汁、よもぎ青汁は、目や鼻、皮膚などのアレルギー症状を改善する可能性が期待されています。

この他にも、青汁には「デトックス効果」「便秘改善効果」「口臭、体臭の抑制」「貧血改善効果」「骨粗しょう症予防効果」など、多数の効果があるとされています。

ケールの青汁は、摂取することでヒトの血中中性脂肪の量を減らすという実験結果が出ています。血中中性脂肪の量が増えると動脈硬化やその他の心疾患につながりやすいといわれており、食事や生活習慣で予防することが大切です。

青汁って痩せるの?

さまざまな健康効果がある青汁。 このうえダイエット効果まであるなんて、いくらなんでも話がうますぎるような気がしてしまいますが…、あるそうです、ダイエット効果。

青汁のダイエット効果のポイントはふたつ。

ひとつは、食前に飲むことで胃に満腹感を与え、食べ過ぎを防ぐという働きです。 もうひとつは、青汁に含まれる食物繊維が血糖値の急上昇を抑える働き。

血糖値が急上昇するとそれを下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されますが、このインシュリンは脂肪の合成を促したり、分解を抑制したりする働きがあるのです。 食前に青汁を飲んでおくことで血糖値の上昇が緩やかになると、その分インシュリンの分泌量も減り、脂肪ができるのを抑制できるというわけです。

実際に凍結乾燥させたケールの粉末を使った動物実験でも抗肥満効果が確認されています。

もちろん「どんなに食べても青汁を飲んでいるだけで痩せる」というわけではなく、せっかく青汁を飲んでも食べ過ぎてしまえば効果なし。食生活にも同時に気を配ってくださいね。

飲むときの注意点

青汁の1日の摂取量は、製品に記載されている分量を守りましょう。

「野菜なのだからどれだけ飲んでも大丈夫」「たくさん摂れば摂るほど健康にいい」という考え方は危険です。 青汁は食品であり、子どもや妊婦が飲んでも安全とされていますが、過剰摂取によりお腹が緩くなったりする事例もあるようです。

過剰摂取は避け、持病をもっている方は医師に相談してから飲むようにしましょう。

また、青汁にニンジンジュースを混ぜると、ニンジンに含まれる酵素で青汁のビタミンCを壊してしまうそうです。 ニンジンジュースを混ぜるときは、この酵素を抑えるお酢やレモンを入れてから混ぜるようにしてください。

これからダイエット目的として青汁を飲んでみたい方へ

青汁とは、ケール、大麦若葉など緑黄色野菜の葉を原材料にした「青菜の絞り汁」。 ミキサーやジューサーで手作りすることもできますが、市販のものの多くは粉末状になっており、水に溶かして飲むスタイルが一般的です。

青汁のダイエット効果のポイントはふたつ。

ひとつは、食前に飲むことで胃に満腹感を与え、食べ過ぎを防ぐという働きです。 もうひとつは、青汁に含まれる食物繊維が血糖値の急上昇を抑える働き。

血糖値が急上昇するとそれを下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されますが、このインシュリンは脂肪の合成を促したり、分解を抑制したりする働きがあるのです。 食前に青汁を飲んでおくことで血糖値の上昇が緩やかになると、その分インシュリンの分泌量も減り、脂肪ができるのを抑制できるというわけです。

実際に凍結乾燥させたケールの粉末を使った動物実験でも抗肥満効果が確認されています。

もちろん「どんなに食べても青汁を飲んでいるだけで痩せる」というわけではなく、せっかく青汁を飲んでも食べ過ぎてしまえば効果なし。食生活にも同時に気を配ってくださいね。

青汁の1日の摂取量は、製品に記載されている分量を守りましょう。

「野菜なのだからどれだけ飲んでも大丈夫」「たくさん摂れば摂るほど健康にいい」という考え方は危険です。 青汁は食品であり、子どもや妊婦が飲んでも安全とされていますが、過剰摂取によりお腹が緩くなったりする事例もあるようです。

青汁を飲んでコレステロール値を改善しましょう!

悪玉コレステロールの値が高いと
・動脈硬化・・・血管が狭く硬くなり、血液の流れが悪くなった状態です。
・脳梗塞・・・脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。
・心筋梗塞・・・心臓への血流が不足した結果、心臓の細胞が壊死えしをおこした状態を指します。

が上げられます。このように、悪玉コレステロールの値に注意する必要があるのです。ただし、総コレステロールが少ないとがんやうつ病などにかかってしまう可能性があるので総コレステロール値にも注意が必要です。

これを改善する為に青汁を飲んでみませんか?
青汁には下記のような効果があります!

血糖値の上昇抑制効果

青汁の原料である緑黄色野菜には豊富な食物繊維などにより血糖値の上昇を抑制する効果があることが知られていますが、 抽出物である青汁にも血糖値を降下させる作用があることが分かっています。

青汁の美味しい飲み方とは?

青汁は何に溶かすかによってバリエーションの幅が広い飲み物です。青汁の味が苦手な人は、牛乳や豆乳に混ぜたりと、工夫して青汁を飲んでいるようです。牛乳や豆乳を加えることで、抹茶オレのように甘味が増して飲みやすくなります。
青汁に果物を加えてミキサーにかけ、スムージーのようにして飲むのもおすすめです。

青汁は緑の色といい、抹茶にとてもよく似ていますから、抹茶代わりに料理に使うことができます。
健康サポートをしながら、お手軽に抹茶のドリンクやスイーツを楽しみたいという方が利用しています。

青汁を飲み物や料理などに入れる際に重要なのは、とけやすさです。
飲料メーカーは専用のシェーカーなどを付けて飲み物などにとかしやすくなるように工夫していますが、いちいちシェーカーを使って粉末をとくのは面倒です。
メーカーにより料理へのとけやすさに差がありますから、すぐにとけてダマにならないものがおすすめです。

青汁を飲み物にとかす際に気をつけたいことですが、加熱することでビタミンCなどの栄養素が壊れてしまうことがあります。
栄養素の性質にも注意することが大切です。

そこで、オススメの商品は
サンスターの特保商品緑でサラナです!
この商品は缶の青汁なので管理もしやすいです!
良かったらお試し下さい!

まとめ

青汁は飲み方さえ上手くやれば、痩せる事が可能です!同時にコレステロールの改善までできるので30代後半ぐらいからは最強の飲み物だと思います!
変なサプリを飲むよりも効果的だと思います!
良かったらお試しください!



緑でサラナの購入はこちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする